クラスを追加するクイックスタートガイド

Included in Puppet Enterprise 2017.2.

このクイックスタートガイドでは、apacheクラスをagentノードに適用します。これにより、デフォルトのApache仮想ホストをagentノードで立ち上げられるようになります。

基本的な分類ワークフローの作成

すべてのモジュールには、1つまたは複数のクラスが含まれています。 クラスとは、Puppetコードを1つにまとめて名前を付けたもので、Puppet Enterpriseでノードを設定して管理する際の基本的な単位です。 モージュールインストールクイックスタートガイドでインストールした puppetlabs-apacheモジュールには、apacheと呼ばれるクラスが含まれています。

前提条件: このガイドでは、すでにPEがモノリシックインストールされており、少なくとも1つの*nix agentノードpuppetlabs-apacheモジュールがインストールされているものと想定します。

ステップ1:新しいノードグループを作成する

個々のノードにクラスを1つずつ割り当てることもできますが、おそらく、1つのクラスを複数のノードに適用する必要があるでしょう。 ノードグループを作成すると、一度に多数のノードに対してクラスを適用できます。

  1. コンソールで、[分類]の順にクリックし、[グループを追加]をクリックします。

  2. 新規ノードグループのオプションを指定します。
    • 親名 – [All Nodes]を選択します。
    • グループ名apache_exampleなどのように、このノードグループの役割を説明した名前を入力します。
    • Environment – [production]を選択します。
    • Environmentグループ – このオプションは選択しないでください。
  3. [追加]をクリックします。

ステップ2: 新しいノードグループにノードを追加する

ノードグループにノードを追加するには、グループに含めるノードを定義するルールを作成します。

  1. apache_exampleグループをクリックします。
  2. ルールタブのCertnameエリアのノード名フィールドに、PE agentノードの名前を入力します。
  3. ノードをピンして追加しますをクリックします。
  4. [変更を保存]をクリックします。
  5. ほかのノードも追加したい場合は、ステップ5~7を繰り返します。

FAQ

ステップ3: apacheクラスをexampleグループに追加する

ノードグループが作成されましたので、次にこのノードグループへ適切なクラスを追加します。

  1. コンソールで別の場所へナビゲートされていない限り、 分類ページには、まだapache exampleノードグループが表示されているはずです。 クラスタブで、クラス名フィールドに「apache」と途中まで入力するだけでオートコンプリートリストに表示されますので、クリックして選択します。

  2. クラスを追加をクリックし、変更を保存ボタンをクリックします。

これで、apacheクラスがagentのクラスリストに表示されます。 このリストは、インベントリ情報の順にクリックし、インベントリ情報リストのノードをクリックすることで見ることができます。 ノード詳細のページが表示されたら、[クラス]タブをクリックします。

  1. 変更を適用します。 agentのコマンドラインから、puppet agent -tを実行します。

  2. 変更の反映を確認するため、/var/www/html/に移動して、index.htmlという名前のファイルを作成します。

  3. 任意のテキストエディタでindex.htmlを開き、なんらかの内容( 「Hello, World!」など)を追加します。

  4. agentのコマンドラインから、puppet agent -tを実行します。 これで、新たに割り当てたクラスが各ノードに対して反映されます。

  5. 1~2分待ちます。

  6. ブラウザを開き、agentノードのIPアドレスを入力し、最後にport 80を付け足します(例:http://myagentnodeIP:80/)。 /var/www/html/index.htmlの内容が表示されます。

ステップ4:コンソールでクラスパラメータを編集する

コンソールを使えば、モジュールコードを直接編集せずに、クラスパラメータの値を修正することができます。

  1. コンソールで[分類]の順にクリックし、apache_exampleグループを探して選択します。
  2. クラスタブをクリックし、クラスリストでapacheを探します。
  3. パラメータ名ドロップダウンリストから、編集したいパラメータを選択します。 この例では、docrootを選択します。

    注意: 一部のパラメータについては、値がグレーのテキストで表示されますが、これはデフォルト値です。この値としては、リテラル値かPuppet変数のいずれかを使えます。 パラメータの追加後に変更を破棄を選択すれば、この値を元に戻すことができます。

  4. フィールドに/var/wwwと入力します。
  5. パラメータを追加をクリックし、変更を保存ボタンをクリックします。
  6. Puppet Enterpriseが管理しているノードのコマンドライン上でもpuppet agent -tを実行します。

    これで、Puppetが実行され、Puppet Enterpriseにより新しい設定が作成されます。

Apache Webサーバーのルートディレクトリが、デフォルトの/var/www/htmlに代わり、/var/wwwが設定されました。 Webブラウザでhttp://myagentnodeIP:80/を再読み込みすると、/var/wwwディレクトリのファイルリストが表示されます。 htmlをクリックすると、ブラウザで/var/www/html/index.htmlの内容が再び表示されます。

これで、Puppet EnterpriseがagentノードでデフォルトのApache仮想ホストを管理するようになっています。 次は、PEでユーザーを管理する方法と、各ユーザーまたはユーザーグループのパーミッションを設定する方法を説明します。 準備ができたら、クリックして先へ進んでください。

↑ Back to top