テキストモードインストールの概要

Included in Puppet Enterprise 2017.2.

テキストモードインストールの仕組み

Puppet Enterpriseインストーラをテキストモードで実行する場合、構成ファイル(pe.conf)がインストーラに受け渡されます。構成ファイルには、PEのインストールに必要なパラメータの値が含まれています。

テキストモードインストールでは、PEコンポーネントをインストールする各ノード上でpe.confファイルによりインストーラを実行する必要があります。 つまり、モノリシックインストールの場合は、1つのノード上でpe.confによりインストーラを実行しますが、分割インストールの場合は、3つのノード上でpe.confによりインストーラを実行します。

インストールを開始する前に、「Puppet Enterpriseアーキテクチャ の選択」を確認してください。

pe.confファイル

pe.confファイルは、HOCON形式のファイルで、Puppet Enterpriseをインストールして構成する際に必要なパラメータと値を明示するものです。 たとえば、モノリシックインストールでは、必要なのは2組のキー/値のみです。

"console_admin_password": "puppet"
"puppet_enterprise::puppet_master_host": "%{::trusted.certname}"

pe.confファイルでのパラメータ設定の詳細と、必須およびオプションのパラメータの完全なリストについては、pe.confパラメータリファレンスを参照してください。

pe.confファイルの取得

インストール時に使用するpe.confファイルは、次の方法で作成または取得することができます。

  • PEインストーラtarballのconf.dディレクトリで提供されているpe.confファイル例を使用する方法。

    ヒント:モノリシックインストールの場合、ほとんどのケースでは、変更を一切加えずにpe.confファイル例を使用できます。

  • インストーラでプロンプトが表示されたら、テキストモードインストールのオプションを選択する方法。これにより、デフォルトのエディタとpe.confファイル例が開き、ファイル例を編集することができます。エディタを閉じると、このpe.confを使用してインストールが進められます。
  • Webベースのインストーラを使用してpe.confファイルを作成する方法。Webベースのインストーラを実行すると、/etc/puppetlabs/enterprise/conf.dでファイルが見つかります。また、Webベースのインストーラの確認ページに表示されるリンクからファイルをダウンロードすることもできます。

必須およびオプションのパラメータの完全なリストについては、pe.confパラメータリファレンスを参照してください。

↑ Back to top